ものを持つ意味が変わるとき

こんにちは。ひとのもりのウォトです。

とあるものを手放してきました。

それは、高校時代から唯一集めているアーティストのCD。

そのアーティストを応援している証として手元に置いていたのですが、

CDを再生して曲を聴かなくなった頃から、いつしか部屋の片隅へ。

曲自体はいまも聴いているし、すごく思い入れのあるCDたちだけど、

このまま再生もされずただ積まれているのは、なんだかかわいそう。

ひさしぶりに手にとったCDをみて、そんな想いになりました。

また誰かの手に渡って、その役目を果たしてほしいと、

思い切って手放すことに決めました。

売ったところで、たいしたお金にはならないのだけど、

まただれかの手に巡っていくと想うとなんだかうれしい。

img_6414

以上。すこしセンチメンタルなウォトでした。

これからはiTunesで曲を買うことへの決意。もちろん君の名は。観に行きました。