170118_XSCHOOLのパンくず

建築家Kさん、デザイナーKさん、僕。

カフェで。ハングアウトで。


タスクを終わらせるだけのルーティーン
コンピューター的に自動的に終わっていく

自分にとってなんなのかという問いをもつ

なんになるかわからないけど、とにかくやる

アーティスト大隈ひろき
真にクリエイティブ
どう解釈するか。というのが一番大事。


「周期と習慣」
落ち着くこと
自分の心の微差に気づくこと
*ゆらぎ、繰り返す、

「身体性」
「周期と習慣」の効果を最大化する。
情報化できない
個人的な体験になる
*感覚的な体験、


1、ワークショップをする時期
・個人の体験による「気づき」の蓄積
・周期と習慣への”気づき”の共有

□場所
森、森のようちえん
□対象
こども、保育士、

*棒をもつ、裸足であるく、

単語帳への落とし込み
→日常へ持って帰る。ルーティーンの意識化。

2、プロダクトに落とし込む時期
・個人の体験を追体験できるような装置?(周期と習慣の本とか?)
・新たな習慣を作り出すプロダクト?
・習慣への気づきを促すプロダクト?


水、火のゆらぎをもった自然物だけよりも人工物と自然物の交わりでおこること


無意識なルーティーンに気づく
日常と少しずれた日常のギャップ
例えば…
・家を背負う
・裸足で歩く
・あえて記録する。レコーディング(じぶんについての本をつくる)
・写生、写真をとる。アナログなフレーミング。デスケル。


習慣と気づき
同一フォーマットで並べる→カルタ?単語帳?
習慣と気づきに関する実証データ