よなよな保育トーク

ほりいBAR online 初開店しました笑

今回、日本各地(福井/大阪/福島/千葉/東京)からの来店者が4人。

雑談したり、深い話をしてみたり。。。

日本各地で活躍してる保育者がこうやってオンラインで話せる環境がある今の時代素晴らしい◎

またやるので、おもしろい保育者たちにこんな話してほしいーみたいなトークテーマも募集してます^^

もちろん来店者も◎

ー今回のキーワード走馬灯ー
・保育と社会がつながること
・homicafeを会社でやったら?
・保育の価値探求会議って
・誕生日いつ?月齢差とか
・それぞれの地域の待機児童問題
・保育フェス東京いつ?どこ?
・わたし保育士向いてない!と感じた
・園のやり方と合わないとき
・自分の保育を話せる人がいなかった
・ひとつの園に合わないから辞めちゃうのはもたいない
・一軒家にひとりって寒くない?

(やっぱZOOMが優秀)

オンライントークの課題としては、「1人が話してみんなが聴く」という構造から抜け出せない。

テーマに合った話を中心にして、そこから外れていく話の分岐がある。リアルな空間ならそこから物理的な移動が自然とできるのにオンラインではそれが起きにくい。

それは、本筋から分岐した脱線(=こそこそ話)ができないということ。

これを超えないとオンラインとリアルの壁(カフェやバー的な空間)は近づけないなーという印象。

でもまぁ次回が楽しみなのは間違いない!